食材宅配なら放射能の心配はいりません

2011年の東北大震災の津波が原因となった福島第一原発の事故以降、食品の放射能について気になる方も多いでしょう。

 

放射能に関することについて神経質になってる方は非常に増えています。

 

自分自身がそれに対してそれほど関心がなかったとしても小さなお子さんがいるご家庭にとっては、将来の子供のためにも出来る限り健康で安心のある食事を与えたいと思うのは親として当然です。

 

しかし実際ほんとうにだいじょうぶだと言われてても、不安であるのも確かですし、産地によっては怖くて食べられないと言う方もたくさんおられます。

 

そうした心配なしで食材を普通に健康的に食べることができるとすればどうすればよいのでしょうか。

 

放射能の心配をすることなく安心してしかも新しい食材を食べることができるのが食材宅配です。

 

食材宅配の会社は国が定める基準よりも厳しい基準を設けて放射能検査を実施している会社が多いです。

 

また生産地がどこか、いつ取れたのか、どのようにして取れたのか、生産者が誰なのかをはっきりと提示しているため食材宅配の食材は安心して食材を口に運ぶことができるのです。

 

お料理をすることはもちろん、新鮮な野菜や生産者が誰かわかっていて、顔がはっきり分かるというのもさることながら、一番の心配事である放射能等が含まれているかどうかの不安を払拭することができます。

 

食生活を心配されている人にとってはまさしく食材宅配を利用されることがいちばん安心できる方法ではないでしょうか。

各宅配食材会社の放射能検査の内容

食材宅配会社の放射能検査の取り組みについて調査しました。

 

オイシックス

オイシックスは独自の基準で農薬や放射能検査を行っており、オイシックスは安心、安全でおいしい食品をお届けすることを約束しています。
そのために農薬の使用回数を厳しく制限し、土作りがとても重要と考え有機肥料などを使用して栄養の多い土壌作りをしています。

 

農薬については使用回数の制限以外にも定期的に残留農薬を検査することによってより安全性を高めています。
特にオイシックスでは放射能検査の基準を強化するためより詳細にわたり取り決めを行っています。

 

まずはゲルマニウム半導体検出装置を導入しました。
これまでの検査に加えて高精度精密分析装置ゲルマニウム半導体検出器を使用することにより放射能ヨウ素、放射性セシウムが不検出の「ベビー&キッズ商品」にも検査を実施して確認しています。

 

このゲルマニウム半導体検出器の特徴は自然界にある放射能物質と原発事故由来の放射性物質を精密に分析することができるという点です。

 

「ベビー&キッズ商品」以外の商品についても放射線量の検査を行っています。
それ以外の商品についても抜き打ちで検査を実施しており国がさ抱ける基準値を超えているか確認を行っているので安心していただくことができます。

 

 

食材宅配,放射能,検査

 

らでぃっしゅぼーや

らでぃっしゅぼーやで配達されている野菜たちは放射能検査も十分に行われ、それぞれの野菜に対してきめ細かい検査方針による対応が行われています。

 

震災以降に早い段階で放射性物質検査体制がとられて、消費者に対する詳細の情報公開も徹底されてきました。

 

契約農家から野菜を買い取るシステムで検査により出荷停止になった作物の情報公開も遅れることなく公開が出来て、その後に確実な検査を行うことで再出荷が出来る取り組みも行われています。

 

らでぃっしゅぼーやの宅配は多彩以外にも入れ替えが自由に可能な加工品もあり肉や魚、惣菜のおかずなどもサービス提供しています。

 

これらの食材に対する放射能検査も行われ、その詳細は飲料水、乳児用食品、牛乳、卵の4品目においては概ね1~3Bq/kg以下の不検出品とみなされる食材が配送されています。

 

らでぃっしゅぼーやが取り扱う野菜や米、乳製品の食材は国が新基準値としている1/2~1/20Bq/kgの規定によって厳しい検査が行われています。

 

らでぃっしゅぼーやは作物において5段階のチェック体制が徹底され、まずは生産者が特定できる体制がとられ、入荷前の作物は第三者の機関による分析の検査が実施されます。

 

そして入荷時には作物の表面の汚染をチェックし、入荷後に自社によるベクレルモニターで検査が行われ、出荷時の梱包の過程でも最終チェックが行われます。

 

 

食材宅配,放射能,検査

 

大地を守る会

安心・安全な食品を届けることが生産者の義務であると考えている大地を守る会。

 

この大地を守る会では、「子供たちに安全な食品を届けたい」という思いから、政府が定めている基準値よりも大幅に低い値を設定して自主検査に取り組んでいます。
大地を守る会が行っている放射能検査についての詳細は次のとおりです。

 

まず政府の基準値が50ベクレル/sのところ、乳児用食品は6ベクレル/s、米やパンは10ベクレル/s(数値はいずれも放射性セシウム134及び137の値の合算です)というように厳しく設定しています。

 

さらにその検査対象は全産地、全品目を流通前に行うように取り決められています。食品それぞれに自主基準を設けており、それ以下であることを確認しているのです。
検査には高精度検査機器「NaI(Tl)ガンマ線スペクトロメータ」という放射能汚染食品測定室(外部組織)で使用されているのと同程度の機器を使用しており、さらに

 

子供が口にすると思われる食品に対しては、より詳しく検査できるというゲルマニウム半導体検出器を使用することによって、より確実に検査できるように努めています。

 

さらに外部機関にも検査依頼をしており、その数値も一般に公開しています。

 

 

食材宅配,放射能,検査

 

生活クラブ

野菜や卵、お肉など様々な食料品を届けている生活クラブでは、出荷前に放射能検査をおこなっています。

 

生活クラブのの放射能検査には3つの特徴があり、どれも消費者の不安を解消できる内容です。
その中でも一番安心できるのは、独自の厳しい検査基準ではないでしょうか。

 

生活クラブの基準は、国の検査基準よりもかなり厳しくなっています。

 

例えば国の基準ですと、牛乳や乳児用食品の基準値は1kgあたり50ベクレルです。
それに対して生活クラブの基準値は、1kgあたり10ベクレルとなっています。

 

毎日飲む牛乳や大切な赤ちゃんが口にする乳児用食品だからこそ、少しでも厳しい基準を求めるのは当然でしょう。

 

国の基準値よりも厳しい検査をくぐり抜けられて届けられた食品なら、安心して大切な家族に食べさせることができるでしょう。

 

生活クラブの放射能検査ではお菓子や加工食品も検査され、さらに原材料や家畜の餌、土壌といったところまで検査はおこなわれています。
検査をおこなうだけではなく、その内容もパソコンやスマホから確認することが可能です。

 

徹底して検査をおこない内容まで公開されているので、信頼感はさらにアップするでしょう。

 

 

食材宅配,放射能,検査

関連ページ

献立で悩まない
献立を考えるのは意外と大変。食材宅配サービスを利用すると毎日の献立を考える手間を軽減出来ます。さらに栄養バランスが整った献立に合わせた適切な食材を宅配してくれるのが魅力です。
ダイエットに効果的
ダイエットに欠かせないカロリーコントロール。食材宅配を利用することでカロリーの過剰摂取を抑えられることをご存知ですか?ダイエット中の方に食材宅配がおすすめの理由をお伝えします。
育児中のママの味方
宅配食事は小さいお子様のいるママにとって助けになるサービスです。宅配食事を利用することで育児中のママの家事効率をアップしてくれる強い味方です。
無添加の食品が届く
食材宅配なら無添加で安心な食材や食品を選んで届けてくれます。食材宅配の利用で産地や着色料などの添加物が使われていないか原料をチェックする手間が省けます。
働くママの悩みを解消
夕飯の宅配は子育てをしながら働くママの悩みを解消してくれる救世主です。毎日忙しく働くママにとって夕飯作りは正直面倒なもの。悩みの種である夕飯作りの負担を解消してくれるのが夕飯の食材宅配です。