食材宅配は宅配の時間指定が可能

食材宅配はお届けの時間指定は可能ですか?

食材宅配サービスでは、配達の時間指定が可能な場合が殆どです。

 

毎回同じ時間帯に届けてもらえますし、事前に連絡をすれば利用者の都合に合わせて配達時間を変更したりできます。

 

その日は外で食事をする等の場合は一時的に宅配を止めたりなど、大変融通が利くようになっています。

 

食材を受け取ることができる時間が限られている人、時間の変動が多い人などは時間指定のサービスを上手に活用し、せっかくの食事が無駄にならないようにしたいものです。

 

1人暮らしの人や高齢者、病気があって食事療法が必要な人にとって便利なのが食材宅配サービスです。

 

栄養バランスの良い食事、咀嚼しやすい軟らかな食事、塩分やたんぱく質、カロリーを控えた食事など、その人に合ったメニューを冷蔵や冷凍状態で宅配し、あとは温めて食べるだけという手軽さが人気です。

 

レパートリーも豊富なので、毎日利用しても飽きることはありません。

 

ただ、誰もが毎日必ず同じ時間に食事を摂るとは限りません。

 

用事があって遅くなったり、或いは出かけるので早めに食べたいと思ったり、色々な場面があるでしょう。せっかく届けてもらったのに留守だったり、時間が合わずに食べられなかったり、そんなことになったらもったいないですね。

 

 

不在だった場合の食材宅配の対応

共働きで家を留守にしがちです。不在だった場合の食材宅配の対応について教えてください

 

食材宅配が配達に来たときに、不在だった場合の一般的な対応について解説します。

 

食材宅配は届けてもらう時間帯を指定できるところと指定できないところがあります。

 

時間帯を指定した場合はその時間に在宅している必要があります。

 

一般的な宅配業者と同様に不在の場合には持ち帰って再配達をしてもらうことになります。

 

時間指定のできない配達の場合は在宅の必要は基本的には必要ありません。

 

共働き世帯が増えたことも影響して配達時に不在である場合は多くなっています。

 

このようなご家庭を考慮して不在のときに配達する食材をそのまま持ち帰らずに商品と蓄冷剤を保冷箱に入れて、宅配BOXや玄関前など、あらかじめ指定された場所に届けるのが一般的なサービスです。

 

鍵付きのBOXを利用している会社もあります。

 

当日中ならば、帰宅後に食材が利用いただけるよう、温度管理や衛生管理に配慮されています。

 

そのため、在宅していなくても食材が傷んでしまうことなく帰宅時に受け取ることが可能になっています。

 

保冷箱や蓄冷剤は次回の配達時まで保管しておき、次回の配達の際に回収となります。

 

もし、その日に食材を受け取れないことが事前にわかっていれば、その日の分はキャンセルなどをしておくと良いです。

 

食材宅配サービス比較 TOPに戻る

TOPへ